楽しみながら寿司の技術が覚えられる福岡の寿司学校

寿司の技術チャンネル

魚の仕込み

イクラの仕込み方

投稿日:

イクラは鮭の卵巣です。

イクラは、卵巣=筋子。

筋子をほぐしてしょうゆベースの出し汁につけて使います。

この筋子がとれる時期はごくわずかで、時期を逃すと皮が固くなって口当たりが悪くなります。

時期は、9月初旬から10月の中旬までが皮が薄く扱いやすい筋子です。

なので、その時期に大量に仕込んでおくのが通常ですが、時期を逃したり、予算に都合がある場合は塩漬けのイクラを戻して仕込みます。

 

>>「イクラの仕込み方」のテキストのダウンロードはこちら

  • この記事を書いた人

塾長

約30年ほど、和を中心にお料理と向き合ってきました。 持っている技術、知識など自分が持っているものを伝えることで、その人の人生に少しでも影響を与えられれば良いなと思っています。

-魚の仕込み
-, , , , ,

Copyright© 寿司の技術チャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.