楽しみながら寿司の技術が覚えられる福岡の寿司学校

寿司の技術チャンネル

未分類 魚の捌き方

鰯(いわし)の手開きの仕方を解説

投稿日:

鰯の捌き方を解説していきます。

鰯は、包丁で捌く方法と手で捌く方法がありますが、今回は手で捌くやり方を解説します。

まずは、動画を掲載していますので見てください。

そのあと、写真とテキストを使って解説していきますね。

【鰯の捌き方動画】

どうですか?

わかりましたか?

それでは、今から写真を使って解説していきますね。

「鱗をとって頭を落とす」

包丁で軽くこさいで鱗をとって鰯の頭を落とします。

鰯の頭を落とす

鰯の頭を落とす

お腹の部分を落として内臓を取り出す

鰯の内臓を取り出す

包丁を鰯のお腹に入れて、血合いや残りの内臓をこさいで取り出す。

鰯の内臓を取り出す

こんな状態です。

鰯の内臓を取り出した後

鰯を開く

頭を左、お腹を手前に持って、右手の親指を中骨の上に差し込んで、尻尾の方に少しづつずらしながら進めていく。

鰯を手で開く

鰯を手で開く

鰯を手で開く

続いて頭の方に向かって左手の親指を差し込んで、ずらしながら進めていって片身を開く。

鰯の手開き

鰯の手開き

鰯の手開き

鰯の手開き

これで片側は開けました。

続いて、反対側に残っている中骨をとっていきます。

まな板に置いたままで、尻尾の方から中骨とみの間に左手の親指を差し込みます。

鰯の手開き

そしたら、親指をずらしながら、頭のついていたほうに向かって進めていきます。

鰯の手開き

頭までずらして骨を外すとこんな感じになります。

鰯の手開き

続いて、尻尾の付け根につながっている骨を切り離します。

ネタケースに飾ったり、鰯のフライにしたりすることも考えて尻尾はつけたままにしておく方がベターです。

鰯の手開き

鰯の手開き

外した骨はこんな感じ。

鰯の手開き

ここまで来たらあと少し!

次は包丁を使って、鰯の腹側の骨をとっていきます。

鰯の手開き

鰯の手開き

次に尻尾と頭の方向を入れ替えて、反対側の腹側の骨を取ります。

鰯の手開き

鰯の手開き

そしたら完成です。

鰯の手開き

尻尾がついていますが、お刺身にしたりするときは尻尾を切り離してください。

鰯の手開き

完成です!!

是非鰯の手開きをマスターしてくださいね。

動画を見て復習してもらえると、覚えるのも早いと思います。

  • この記事を書いた人

塾長

約30年ほど、和を中心にお料理と向き合ってきました。 持っている技術、知識など自分が持っているものを伝えることで、その人の人生に少しでも影響を与えられれば良いなと思っています。

-未分類, 魚の捌き方

Copyright© 寿司の技術チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.